痔の対策

治療される男性

日本人の食生活は現代とっても深刻な状態になっていると言えるのです。それは食事をファーストフード、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、弁当屋に依存する傾向にあるのです。こうした食事は非常に短時間で手軽に食事が摂取でき便利である反面、非常に野菜不足が深刻なのです。野菜不足が深刻になると体には様々な弊害が見られるようになるのです。例えば食物繊維不足で腸内環境が悪くなって免疫力が低下し、ウィルスや細菌に感染しやすくなるのです。また腸の働きが停滞し、正常な便意や排便リズムが見られなくなるのです。そのことで便通が非常にわるくなり痔や脱腸になる人が多くなっているのです。脱腸はとくに痔の中でも悪い状態であり、腸が肛門から出た状態になっているのです。

脱腸が悪化するとそこに便の刺激が加わると飛び上るほどの痛みが見られるようになるのです。脱腸になると自然治癒が難しい場合があり、肛門科で治療や手術を受ける必要が出てくるのです。こうした最悪の事態に陥らないためには生活習慣の見直しが必要不可欠です。特に食習慣は重要であり、あまりファーストフードやコンビニ食に頼り過ぎないことが大事です。決められた時間に摂取し、緑黄色野菜などをふんだんに盛り込んだ食物繊維の多い食事を心がけることが大事です。また便を柔らかくするようにお茶や牛乳など水分を沢山摂取することも大事です。どうしても仕事や家事で野菜豊富な食事が摂取できない場合は食物繊維を豊富に含んだものや乳酸菌などを豊富に含むサプリメントを習慣化するのも良いでしょう。