原因となりやすい人

歯ブラシと歯磨き粉

水虫の原因は白癬菌という菌でカビの仲間です。白癬菌が様々な場所で悪さをすることがありますが、爪に侵入することもあります。爪にいると爪白癬と言われることになります。 爪白癬になると爪が黄色く変色したりぼろぼろになったりすることがあります。 塗り薬を塗っても爪が硬く白癬菌も奥にいるため効果が見られず飲み薬で治療していました。実際、爪白癬に適用があるのは飲み薬だけでした。 しかし、2014年に爪白癬に対して効果のある外用薬が販売されるようになりました。これは爪への浸透力が高く日本で始めて爪白癬に対して効果があると認められました。 販売以来皮膚科を中心に浸透されつつあるようです。販売されて間もないため副作用の情報などはこれからですが、大きな問題点がなければ、今後ますます使われていくかもしれません。

水虫になりやすい人っているのでしょうか。水虫の原因は白癬菌という真菌です。真菌は高温多湿の環境を好みます。足や爪などをそのような環境に置いておけば水虫になりやすいでしょう。指の間が狭い人や体温が高く汗をかきやすい人や1日中靴を履いている環境にある人などは注意が必要でしょう。また免疫力が低下している人も注意が必要です。例えば糖尿病や免疫不全などの病気を持っている人たちも注意が必要でしょう。またプールや銭湯によくいく人や部屋でペットを飼っている人も注意が必要でしょう。 気をつけることとすれば患部を清潔に保つことでしょう。また水虫になりやすい場所はよく乾かして乾燥させておくことが大切です。また靴下は通気性の良いものを使って毎日交換しましょう。靴下は洗って乾かすときは日光に当てると殺菌効果が出るようです。